不況下でも勝ち抜く第二新卒の転職

どうすれば内定をもらえるのか、真剣に考えましょう!

新卒で一流と言われる企業に就職し、何の不満も無い順風満帆な生活を送っているという人はこの世の中にどれだけいるでしょうか。

新卒で採用した人材のおよそ3割は就職してから3年以内に辞めて第二新卒として就職活動をしているというデータを見る限り、そういった人はごく少数の人なのではないでしょうか。

就職難と言われているこの時代なので、とにかく正社員として就職出来ればという考えから学生時代に必死に就職活動をしている人は非常に多いのですが、実際にその職に就いて仕事を始めてみて初めて、周りが見え始めてくるということも多くあります。

これまで自分のやりたいことを特に見つけられなかったという人も、実際に社会人として働き始めて仕事というものを経験してみて、自分のやりたいことを見つけることが出来る場合が多くあります。

そのような理由で第二新卒者になる人はとても多く、それにより本当にやりたかった仕事に就くことが出来たり、仕事に対してやりがいを感じられるようになったりするのです。

人は誰しも、自分の人生をより豊かに有意義なものにしたいと考えるものですが、ただ何となく与えられた仕事をこなしているだけでは、豊かな人生にすることは難しいこともあります。

仕事を仕事と割り切って、プライベートを充実させることが出来ればそれもいいでしょう。

しかし、これから先の人生のおそらく半分以上を仕事が占めるなかで、特にやりがいもなく何の向上心も無く働き続けることは精神的に負担になってしまうということもあります。

第二新卒者と呼ばれる人たちは、それを見越して早めに転職をしているのです。

仕事が長続きしない忍耐力の無い現代の若者という見方をする年配者もいますが、ある意味賢い選択だと言えるのではないでしょうか。

新しい仕事を覚えることも周囲の環境に馴染むことも、若いからこそ出来るということがあります。

まだまだ可能性をたくさん秘めた第二新卒者たちは、企業からも注目されている人材なのです。

自分の人生を豊かにするために、もう一度自分の仕事を見直してみてもいいのではないでしょうか。

第二新卒は企業から期待されているのか?

ビジネスの場面において、覚えなければならないしきたりやマナーというのは思いのほか多くあります。新卒の人々が苦労するのが、そういったビジネスマナーでしょう。

普段使わない言葉遣いや言い回し、名刺交換における渡し方や受け取り方など、経験を積むことでスムーズに出来るようにはなるのですが、最初のうちはどうしてもまごまごしてしまったり、失敗したりしてしまいます。

どのような状況でも臨機応変に対応出来るようになるには慣れる事しかないのですが、そのような状況でもスマートにこなせるようになるまでには、ある程度時間がかかるのも事実です。

会社の大事な戦力である社員に教育係としての業務を負担させる事になるので、通常業務のスピードが落ちてしまう事は否めません。

そのような新人研修を"コスト"と考える企業もあります。そういった企業は、出来るだけコストを抑える為に"第二新卒"を優先的に採用する傾向があります。

第二新卒は、新人研修を受けている場合が多く、すぐに自社の業務内容を教える事が出来、早期に戦力とする事が可能だからです。

第二新卒者の多くはビジネスマナー的に問題なく、それでいて若くて情熱があり、斬新な発想力を持っている可能性もあるので、企業にとってはとても欲しい人材だと言えるでしょう。

第二新卒を採用する企業としては、前の会社での業績はほとんど期待していません。

過去の業績よりも、新しい会社で足りないスキルを改善するための努力を惜しまない人なのか、という事を重視されるようです。

第二新卒として新しい会社でやりがいを見つけて頑張りたい、前向きに努力する気持ちがあるのであれば、自分が出来る事・出来ない事をキチンと認識して、正直に伝えましょう。

そして、出来る事はよりスキルアップを目指す、出来ない事は早期に克服する努力を惜しまないという点もアピールすると良いですね。

自分は新卒者とは違うんだ、という事をキチンとアピールし、より良い転職になるように頑張りましょう。